作品情報

ID#1931

幾何学のラプラス

一般プログラム
作者: red


(ダウンロードの注意)

HSPプログラムコンテスト2020応募作品
更新日:2020-10-13
バージョン:1.0 (完成度100%)

ユーザーの評価 (3)

プログラム技術0
完成度1
アイデア2

僕はどこから来てどこへ行くのだろう
気がついた時には、一人きりで幾何学の魔物と戦っていた
これは僕の旅の終わりの記録である

旅の始まりのストーリーもないのに唐突に物語が終わります。

基本操作は十字キーのみ。
体当たりで敵を攻撃しよう!でも、半キャラずらして体当たりしないと自分にもダメージが入っちゃうよ!
……といった感じのゲームです。
自分の体力は回復しないので、最終ステージまで体力をどこまで残せるかが鍵となります。

タグ:contest2020
動作環境:
プラグイン/モジュール:
ライセンス:
作成開始:
募集項目:

作品へのコメント

過去のコメントはこちら

No.1 [Rivarzal]さんが作品を評価しました( 完成度 アイデア ) - 2020/11/08 06:41:11

    最近、これをプレイしていて、RTAにうれしい驚きがありました。
    彼は3方向同時に歩けますし、ダメージも3倍で与えられるため、
    最初の赤は初手で討伐できます。…すごい

No.0 [GENKI]さんが作品を評価しました( アイデア ) - 2020/10/26 21:54:12

     タイトルの意味深なカッコよさシナリオの見せ方がいいですね。引きつけられてしまいます。文字が背景に直書きでちょっと読みにくかったのが残念です。
     ゲームの方は、ダメージ判定範囲の見切りが重要みたいですね。うっかりしているとあっという間に自分のライフががりがり削られてしまいます。PC同様に体当たりで覚えました。
     このゲームは、シューティングゲームなどのように移動しながら攻撃するなどのように2つの動作を同時にするのではなく、回避と攻撃をスイッチするアクションゲームなんですね。珍しいと思いました。2つのことを同時にやらなくていいので操作が楽でいいと思います。

     遊んでいて気になったのが、ダメージの有無はできればキャラクター側で見れるようにしていただけると直感的だったかなと思いました。常にライフゲージと操作キャラを交互に見る必要がありちょっと大変かなと思いました。



コメント投稿

登録ユーザーの方はログインしてください。
この作品は登録ユーザーからのコメントを受け付けています。
初めて投稿する方は、作品コメントと評価についてをよくお読みください。